るるる と ららら

好きなこと好きなだけ

ブロードウェイ版アナスタシアの舞台裏!(その2)

ぼんじゅ!

体型は明らかに変わってるのに、体重はぜーんぜん落ちてない!初原です!

どういうことや!!!←

 

 

先日レポしたアナスタシアの舞台裏動画。

第2回がアップされたので、またまとめていこうと思います~~♪

f:id:oui8monsieur7:20170829105042j:plain

f:id:oui8monsieur7:20170830101500j:plain

今回も、カメラマン兼進行役のChristy

 

f:id:oui8monsieur7:20170830101637j:plain

早くも冒頭から出ました、マッサージ機の一コマ(笑)

今度はDerekだけではなく、ChristyとJohnも並んで、仲良く(笑)

ぐでーっとくつろいで……いたら、

f:id:oui8monsieur7:20170830101813j:plain

Christy「John、それ何か私のっぽい……」

John「そうかなぁ?」

Christy「そうよ!私のだわ!交換して!」

でも、3つとも完全に同じのっぽいから、別にいいんじゃない?(笑)

このマッサージ機、あちらでは流行りなのかな?マッサージ部分が光ってて、何か未来の道具っぽい。←

f:id:oui8monsieur7:20170830102021j:plain

前回お休みしていたJohnは、やっぱりバケーションだったようで(そんなお休みのしかたもあるんだってことにびっくり)、ボストンの海に行って来たそうな。

「寂しかったのよ~」とChristy。こんな美人にそんなこと言われたら、ニヤけちゃうよねええええ。←

因みに今度はRaminがお休みで、メキシコのカンクンに行ってるとか。

 

f:id:oui8monsieur7:20170830102347j:plain

Christy「これから2幕!」

 

f:id:oui8monsieur7:20170830102425j:plain

話題に上がった、Raminとのテレビ電話(本番中なのに(笑))。

前回登場した息子くんも一緒です。家族仲良くていいですね~~♪

 

f:id:oui8monsieur7:20170830102555j:plain

さてさて、寝室のシーンに向けて、ウィッグを付け替えているChristy。

ここで、ウィッグ担当のKaylan Paisleyさんが、「あなたのマグカップは?もうビデオに映した?」とナイス指摘!

すっかり忘れていたらしいChristy、この表情である。

f:id:oui8monsieur7:20170830102807j:plain

可愛い(真顔)←

で、そのマグカップというのが、こちら!

f:id:oui8monsieur7:20170830102902j:plain

ディズニープリンセスと、アーニャが描かれたもの。でもアーニャだけ1人ぼっち……。

Christyによると、

Anya「私も仲間に入れてほしいわ」

Princesses「あの子はちょっとちがうから」

とセリフが描かれているそうです(笑)事実とはいえ、悲しい(笑)

(この舞台の原作となったアニメ映画「アナスタシア」は、その作風から、ディズニー作品とよく混同されるのですが、実際にはディズニーではなく、20th FOX Centuryが制作したものなのです)

 

f:id:oui8monsieur7:20170830103228j:plain

Christyが自分の楽屋にやって来ると、なぜかAnya用のドレスを手に取っているJohn(と、本人不在もお構いなしにがっつりくつろいでいるDerek)。

Christy「何してるの?」

John「あ、いや、どのくらい重いのかなーと思って」

と、白々しいウソ(爆)をついて衣装を戻すJohnですが、去り際には、

f:id:oui8monsieur7:20170830103446j:plain

別の青ドレスに頬ずり。これにはDerekも、

f:id:oui8monsieur7:20170830103525j:plain

この顔(笑)

いや、でもあなたにも、つっこみたいことはいろいろあるんだけどね。←

 

さあ、今回もタンバリンの音と共にやってまいりました!

f:id:oui8monsieur7:20170830103621j:plain

/ Lilyの“毎日ジョーク”のコーナー! \

Caroline「イギリス人とフランス人が、それぞれ1匹ずつ、猫をイギリス海峡に向かって泳がせることにしました。フランス人の猫の名前は、“アン・ドゥ・トロワ”キャット。イギリス人の猫は、“ワン・ツー・スリー”キャット。先に海峡に着くのは、どちらの猫でしょう?」

Christy「うーん、どうだろう?どっちが先に着くの?」

Caroline「もちろん、イギリスの猫。なぜなら、“アン(un)・ドゥ(doux)・トロワ(troi)”キャット(cat=quatre(フランス語で4))は、沈んだ(sunk=cinq(フランス語で5))から!」

f:id:oui8monsieur7:20170830104218j:plain

予想以上にレベルの高いジョークで、最初サッパリでした(笑)

お見事!

 

f:id:oui8monsieur7:20170902143127j:plain

こちら、1幕に向けて準備をしているChristy。

そこへやって来たのは……?

f:id:oui8monsieur7:20170902143203j:plain

太后役のMary Beth Peilさん。おばあ様!(しかめっ面してるけど、たまたまなのでご心配なく(笑))

f:id:oui8monsieur7:20170902143318j:plain

Christy「オフブロードウェイで開幕した時、彼女がこの香水をプレゼントしてくれたの。それ以来、毎回必ず、お互いの手首にこれを付けてから舞台に上がるのよ~~」

うおおおお何て素晴らしい……!

観客の視覚には全くわからないことだけれど、そういう香りのお芝居(とでも言うのかな)ってすごく好きです。

この作品では、記憶喪失のAnyaが香りから記憶を徐々に取り戻すという流れもあるので、それとかけて、のプレゼントなんでしょうね。いや~~素敵なおばあ様だ♡

 

f:id:oui8monsieur7:20170902143752j:plain

この第2回には、アンサンブルの方々も登場してくださいました~~!

Zach Adkinsさんはじめ、皆さん、Christyのお部屋でまったり。

どうやらお目当ては、例のお菓子みたいです(笑)

 

時は経ち、所変わって、こちらMary Bethの楽屋。

f:id:oui8monsieur7:20170902144251j:plain

あれ?何だか声が聞こえる……。

これは……Anyaとおばあ様の再会シーンのセリフ?でも声が男女だぞ……?

と、思ったら。

f:id:oui8monsieur7:20170902144345j:plain

またあんたかい、John(笑)

しかも、ムダに迫真の演技。

Christy「ねぇ、何やってるのー?」

John「えっ、あっ、えっと、そのぉ~~」

Mary Beth「あ!レシピを教えてもらってたのよ!チキンの!」

John「そうそう、それ。僕、チキン好きだからさ」

f:id:oui8monsieur7:20170902144611j:plain

ちょっとウソが雑すぎやしませんか、おばあ様(笑)

 

f:id:oui8monsieur7:20170830104341j:plain

さて、只今本番中。2幕の空いた時間に、子役ちゃんと遊んでいます。

f:id:oui8monsieur7:20170830104437j:plain

アンダーのMcKaylaもいるよ!

今日のおもちゃは……、

f:id:oui8monsieur7:20170830104538j:plain

粘土!お題は、「Derekの顔」です。果たして……?

f:id:oui8monsieur7:20170830104621j:plain

完成後、ご本人登場。何を作ったのか、当てようとしています。

(全然関係ないけど、この格好、何なの?これ、衣装っておかしくない?胸筋!腕!ありがとう!!←)

f:id:oui8monsieur7:20170830104754j:plain

右がChristy作、左がNicoleの作品。McKaylaのは、もう少し下に並んでいます。

f:id:oui8monsieur7:20170830104900j:plain

Derek「ヒントちょうだいよ」

Christy「“人”よ」

Derek「この作品に出てる人?」

Kids「うん!」

さんざん悩んだ結果、わからなかったそうで(笑)

McKayla「あなたよ!」

との答えに、

Derek「え!?俺!?」

f:id:oui8monsieur7:20170830105107j:plain

Derek「コレが俺!?!?」

ご本人曰く、Christyのがいちばん「ない」と(笑)まぁ、気持ちはわからんでもないが(笑)

f:id:oui8monsieur7:20170830105242j:plain

酷評を受けて、とんでもないショックを受けるChristy(笑)

この後、AnyaとDimitryは、2人っきりのロマンティック且つちょっぴり切ないシーンがあるのだけれど……。

Derek「じゃあ、君の寝室(次に出る場面)でね」

Christy「ウソでしょ!?どんな気持ちで歌えばいいのよ!?」

これからその場面観る時、「あ~数分前には粘土で遊んでたんだな~」って思っちゃうかも(笑)

 

f:id:oui8monsieur7:20170902144851j:plain

2幕も終盤、ラストスパート!

ここで、記憶を取り戻したAnyaは、プリンセスとして再登場します。

f:id:oui8monsieur7:20170902144956j:plain

豪華な衣装に、テンションMAX!

舞台上での曲に合わせて、替え歌しながらお着替えだなんて、可愛すぎる(笑)

それにしても豪華な衣装~~!衣装部門でトニー賞にノミネートされていただけありますね。着てみたいわ、こんな真っ赤なゴージャスドレス……!

 

f:id:oui8monsieur7:20170902145154j:plain

といったところで、今週はここまでー!

次回をお楽しみに……( *∵* )

クリエ1月「TENTH」が凄そう

 

ぼんじゅ!

4年前期、無事に単位が取れたので、卒論を除く分の卒業要件を満たしたよ!初原です。

よっぽどのことがなければ卒論も大丈夫だと思うので(フラグじゃない)、まあちょっと一安心です。

 

 

さてさて、少し前に発表されていた、シアタークリエの10周年記念公演。

「TENTH」

www.tohostage.com

昨日、追加情報がいろいろと発表されて、ちょっとベールに包まれていた部分が見えてきましたね。

 

第1部のダイジェスト版公演ももちろん気になっていたのですが、個人的にもっと気になっていたのが、第2部の日替わりキャスト。

◯日~△日  Aさん、Bさん、Cさん、Dさん

△日~◇日  Eさん、Fさん、Gさん、Hさん

◇日~☆日  Iさん、Jさん、Kさん、Lさん・・・

って感じかと思ってたんですよ。何かこう、ブロックで分かれているというか。チームごとというか。

そしたら、全然違うんですね!完全に単位が個人!

うん。お陰様で、把握が難しすぎる!!!

しかも、日によっては出演者の数まで明らかに違う・・・。29日は14人もいるのに、31日は5人!まさかの!アニバーサリーの千秋楽なのに!!もうちょっとスケジュールなんとかならんかったんですか(笑)

 

個人的には、第1部は「Next to normal」が観たいです。

ふらっとトニー賞でのパフォーマンスを観て、「うわ!面白そう!」と思ったのが、日本版すら終わった後だったので(笑)、ダイジェストとはいえ、ここで復活なんてうれしい限りです。

しかも!日本オリジナルの安蘭さんだし!我らが海宝くんもいらっしゃる!クレジット的に、海宝くんがAaron Tveit(日本では小西さん)のやってた息子くんで、岡田さんが旦那さんかな?

その他のキャラクターのことがまだちょっとわからないので、お勉強しなくては……!

 

となると、4~11日かぁ。

4日の初日はめぐさん健ちゃんと、わたくしの神様がお2人も揃って第2部に出演されるけれど、お2人とも、まさかのここ1回だけっていう……チケット取れる気がしない……(笑)

でも、他のメンバーからしても、この期間が第1希望かな~~。

……抽選から参加するしかなさそう(笑)

 

ところで、24~29日の第2部メンバーは、ほぼほぼRENTって感じですね(笑)わざと?(笑)

 

 

フォロワーさんが、「クリエの記念公演だけど、チケット取れそうにないから、日生に移してほしい」と仰ってるのを見て、首がもげそうなほど同意しました。

え、だって知ってる?クリエってね、30列ないんだよ??知ってる???←

ブロードウェイ版アナスタシアの舞台裏!(その1)

ぼんじゅ!

Jアラートなんて何のその、爆睡かましてました、初原です。←

何はともあれ、落ちなくてホントによかったですね……!

 

 

先週から始まった、ブロードウェイ版アナスタシアの舞台裏ドキュメンタリー。

f:id:oui8monsieur7:20170829105042j:plain

broadway.comさんの主催で、VideoのBlog、略してVlogと呼ばれているそうです。

文字通り、役者さんたちご本人が、自らビデオカメラを回して、開演前や上演中の楽屋やステージ裏を見せてくれるという、素晴らしすぎる企画なのです!

で、そのアナスタシア版!いや~~観るでしょう!!

あまりにもあまりにもあまりにもだったので(語彙力)、スクショと共に、ご紹介していきたいと思います( *∵* ) 画像量の都合上、ところどころ、端折ったシーンもあります。すみません。

あ、日本語訳は、ぶっ飛び意訳だったり、長ーい会話をごそっと省略していたりするので、100%正確というわけではありません。ご了承くださいませ。

すごい文量になりそうですが、悪しからず(笑)

 

 

f:id:oui8monsieur7:20170829105109j:plain

はい!主人公Anya役であり、このVlogのカメラマンを務めてくれる、Christy Altomareさん!

いや、可愛い。オフモードだけど、既に可愛い。

「舞台裏やバックステージを見せていくので、楽しんでね~~♡」

と最後に投げキッスまで……可愛いいいい( ;; )♡

 

f:id:oui8monsieur7:20170829105336j:plain

そんなChristyの楽屋でくつろいでいるのは、Dimitry役のDerek Klenaさん。

f:id:oui8monsieur7:20170829105824j:plain

Chisty「それ、誰のマッサージ機?」

Derek「君のだよ!(写真2枚目の笑顔)」

Chisty「何で私の使ってるのよ~」

Derek「だって、僕の家に置いて来ちゃったんだもん」

甘えてんな、この男(笑)(確か、Derekの方がChristyより5つほど年下だったかと)

 

f:id:oui8monsieur7:20170829110045j:plain

「毎日、来たらサインするのよ」と教えてくれた、名簿のようなもの。

日本で言う、到着板と同じシステムなのかもしれません。

それにしても、サインとは何ぞやと言いたくなるくらいのミミz何でもないです。←

 

f:id:oui8monsieur7:20170829110248j:plain

更に裏を歩いて……ここは誰の楽屋でしょう?

f:id:oui8monsieur7:20170829110324j:plain

Gleb役のRamin Karimlooさんの楽屋だったみたいです。にっこにこの息子くんが。

パパはというと、なぜかこの後、Christyを撮ろうとします(笑)

 

f:id:oui8monsieur7:20170829110500j:plain

こちらは子役ちゃんたちのお部屋。

幼少期のAnyaと、皇太子Alexeiを演じる、Nicole Scimecaちゃんと、

f:id:oui8monsieur7:20170829110619j:plain

アンダースタディ(要は代役)のMcKayla Twiggsちゃん(お名前珍しい……“マッキーラ”でいいのかしら?)。

どっちも天使みたいに可愛い~~♡

因みに同じ部屋には、シッターさん(的な方)もいらっしゃいました。子役のために、そんな役割のスタッフさんまでいるんですね……!

 

f:id:oui8monsieur7:20170829110920j:plain

こちらは、Lily役のCaroline O'Connorさん。タンバリンと共に登場(笑)

Caroline「さて、クイズです!ロシアのミルクは、どこから来るのでしょうか?」

Christy「うーん、わかんないなぁ……どこから来るのかしら?」

Caroline「答えは……Moscow(モスクワ)!」

f:id:oui8monsieur7:20170829111226j:plain

絶対この人、いい人だ(笑)

 

f:id:oui8monsieur7:20170829111313j:plain

さて、開演前。

「いつも私は、グリーク(ギリシャ風)サラダを注文するのよ~」とChristy。さすが、ヘルシーですね。向こうの女優さんって、みんなすごいサラダにこだわってるイメージあります。偏見ですが(笑)

f:id:oui8monsieur7:20170829111515j:plain

そして、楽屋の一角には、大量のキャンディとお菓子が。

そこへ、

f:id:oui8monsieur7:20170829111556j:plain

やってきたのは、Ramin。

お菓子の山を見て、「君はウィリー・ウォンカじゃないだろう?」と。

Christy「私も食べないようにしてるけど~~あなたもそうしてるでしょ?」

Ramin「食べないようにしてるんじゃなくて、僕は食べないから」

Christy「ホントに?信じるわよ?」

Ramin「僕は糖分なんか一切摂らずに、最後までやるから」

そう言って、張り切って去って行くRamin。果たして……。

 

f:id:oui8monsieur7:20170829112730j:plain

1幕が終わり、只今、休憩中です。

その間に、ウィッグを、

f:id:oui8monsieur7:20170829112817j:plain

2幕用に付け替えます!

この2幕のヘアスタイルがまた素敵なんですよね~~♡

 

そして、2幕が始まりました!Lilyさんの歌声が聴こえてますね~!

f:id:oui8monsieur7:20170829112921j:plain

……と思ったら、あれ?Ramin?

f:id:oui8monsieur7:20170829112958j:plain

なかなか本気で食っとるやないかい。

f:id:oui8monsieur7:20170829113034j:plain

しっかり廊下も気にしつつ(笑)

この後、大量のキャンディをポケットに入れて、去って行きました。つづく。

 

終演後、「Stage Doorに行くわよー!」とChristy。

劇場の、あるドアを開けると……、

f:id:oui8monsieur7:20170829113146j:plain

たくさんの人が!老若男女問わず、Christyに大歓声!

おそらく、Stage Doorとは、公式の出待ちのようなものだと思われます。

ここではかなりオープンな感じで、役者さんはサインだけでなく、一緒に写真を撮ってくれたりもするらしく、よくSNSでもお見かけします。

もちろん、役者さんのみんながみんなここに出て来るわけではないようなのですが。

ここに並ぶのにも、もしかしたら整理券とか要るのかしら?詳しいことはちょっとわかんないです。勉強しておきます……!

 

f:id:oui8monsieur7:20170829113608j:plain

さてさて翌日(かな?)の開演直前。

「Sunday on broadway~♪」とDerekが歌った直後に、「お静かに」との上演前アナウンスが(笑)お客さん向けの放送なので、偶然とはいえ、タイミング良すぎ(笑)

f:id:oui8monsieur7:20170829113759j:plain

本編は、Anyaの幼少期から始まるので、2人の初登場はもう少し後とのこと。

Christy「20年後になって舞台に登場するまでの間、ここでストレッチとかしてるのよ」

Derek「僕は、Christyがウィッグ付けるのを、ぶらぶらしながら見てるんだ~」

Wickedの時もそんなこと言ってましたね、Derek(笑)

f:id:oui8monsieur7:20170829114205j:plain

で、ストレッチし始めたら、腰の辺りからポキッと音がして爆笑、撃沈(笑)

f:id:oui8monsieur7:20170829114324j:plain

Derek「じゃあ、質問とかしよう。夕食は何食べた?」(撮影時はソワレのようです)

Christy「あ~私、夕食は食べないのよ」

Derek「え!?」

Christy「上演中にサラダ(たぶん、例のグリークサラダ)食べてるから」

Derek「上演中に!?」

Christy「そう。ちょっと合間がある度に、食べてるのよ」

Derek「僕はそういうの無理だなぁ、出来ないや」

Christy「あ、でもあなたのために、ちゃんと歯磨きはしてるからね(キスシーンのことかな?)」

Derek「(笑)ヘルシーなんだねぇ」

f:id:oui8monsieur7:20170829114300j:plain

この日、Vladimir役のJohn Boltonさんは休演日。

「ビーチ楽しんでる~?」って、そんなお休みの仕方アリなの?(笑)

 

f:id:oui8monsieur7:20170829114827j:plain

ということで、代役はIan Knauerさんが務めています。

Ian「すごく難しいクイズを出すよ。どちらのヒゲが本物でしょう?(僕のが)A」

そしてBは……。

f:id:oui8monsieur7:20170829114955j:plain

もはや、どうつっこめばいいのかわからない。

どうも、ひげがプチブームなのか、

f:id:oui8monsieur7:20170829115056j:plain

ここでも、

f:id:oui8monsieur7:20170829115117j:plain

ここでも、ひげ。

それで平然とウィッグ被せてるメイクさんにも、いろいろつっこみたいことはある(笑)

 

f:id:oui8monsieur7:20170829115213j:plain

幕間でのお化粧直し。

1幕ではみすぼらしい姿だったAnyaも、2幕冒頭ではパリに到着し、「大人の女性」といった感じの素敵なスーツ姿になります。そして、メイクもプリンセス仕様に。

いや~~綺麗です、素敵です♡

ブロードウェイでも、よっぽど特殊なメイク(エルファバとか)でない限りは、ほとんど自分でメイクをするみたいですね。他の作品でも、役者さんがメイクアップしていく動画が公式でいっぱい上がっているので、ぜひ見てみてください。ジャスミンとか、超綺麗です……!

 

f:id:oui8monsieur7:20170829115603j:plain

つづき(笑)もう何も言うまい(笑)

これは狂言?わざとやってるんだよね?お芝居だよね?本気なの?本気で隠し撮りなの?ちがうでしょ?いや、もうワカンナイ!(笑)

 

f:id:oui8monsieur7:20170829115700j:plain

ってなわけで、第1回はここまで!

と言っても、15分弱もの長い動画で、いろーんな部分見せてくれて、ほんとありがたや( ;; ) 全何回になるかわかりませんが、まだあと数回は確実にあるだろうと思うと、眼福どころの騒ぎじゃないですね、天の恵み!!!

 

次回は、明日かその辺りに配信される、はず。

またレポもしようと思います~~♪

今更Dear Evan Hansenにはまった話

 

ぼんじゅ!

実は先日22歳になりました、初原です。

今後とも、よろしくお願い致します♪

 

 

つい先日、“ヤツ”に足を取られてしまいました……。

それが、これ。

「dear evan hansen」の画像検索結果

 

いや、今更かよ、自分。

 

と言うのも、(大体のミュージカルファンは知ってると思いますが)この作品、

今年6月のトニー賞(ミュージカル部門)で、

作品賞

主演男優賞

助演女優賞

脚本賞

オリジナル楽曲賞

編曲賞

の、今回最多6部門受賞を成し遂げたスーパーミュージカル(命名センスのなさ)。

ノミネートまで数えると、もっとあったとか。

先日、NHK-FMで放送があった「ミュージカル三昧」の中でも紹介されていましたし、石丸幹二さんが「当日キャンセル待ちだけでものすごい並んでた」と話していたのも、おそらく、この作品のことだったと思います。

 

そんな超話題作に、今更手を出すというね(笑)

 

ざざざっくりとしたあらすじは、

主人公のEvan Hansenは、周りとコミュニケーションを取ることが極度に苦手な高校生。木から落ちて腕が包帯でグルグル巻きになっても、それにサインしてくれる友達は1人もいない(アメリカではそういう習慣があるらしいです)。家は母子家庭で、その母親も朝から晩まで忙しく、家にいないことが多かった。

ある日、セラピーの先生に、「自分に自信をつけるために、自分に宛てた手紙を書いてみては」と提案され、やってみることに。しかし、ちょっとしたトラブルから、乱暴で問題児の同級生Connor Murphy(こちらも友達がいない)に手紙を取られてしまう。

手紙を公開されて馬鹿にされるのでは、と心配するEvan。そんな中、校長室に呼び出されて行ってみると、そこにいたのはConnorの両親。なんとConnorはあれから数日後に自殺していた。その時、ポケットに入っていた「Dear Evan Hansen」から始まる手紙(本当はEvanが自分に宛てた手紙)を見たConnorの両親が、「息子に友達がいた!」と勘違いして、Evanに会いたがったのだった。

状況が状況なだけに、本当のことを言い出せないEvan。遂には、ありもしなかった友情話をでっち上げてしまい、話はどんどん大きくなっていってしまう・・・。

 

という感じ。

青字が主な登場人物です。あと、Connorの妹ちゃんや、同級生2人も登場します。キャストはそれだけかな。おそらく、アンサンブルはいなかったと思います。少ないですよね……!

 

自分がいつも観ているような、歴史モノやちょっと夢の世界のような作品とは全然タイプのちがう、とってもリアルで現代的な物語。

でも、ほんとに素晴らしい作品なんです……!

もちろん自分はブロードウェイで観たわけではなく、レコーディングCDと、観た方の書いたあらすじだったり、公式の映像だったり、キャストのインタビューだったりを追って、情報を仕入れてるだけなんですけれど、それだけでも十分すごさが伝わります。

 

 

まずキャストが素晴らしい!

やっぱり、Evan Hansen役のBen Plattさん!

何たって、トニー賞主演男優賞ですからね!

でも、音楽聴いているだけでも、ものすごいエネルギーを感じますし、Bwayの事情を深くは知らない自分でも、「こりゃ賞採るわ……」と感動するほどです。

たぶん、この方のEvanがなければ、ここまでの人気にはならなかったんじゃないでしょうか。

残念ながら、今年11月でEvan役を降りることがアナウンスされましたが、この役を4年間(で、合ってるかな?)週8でほぼ休みなく続けていらしたこと、本当に素晴らしいと思います……!

次にどんな役されるのか、めっちゃくちゃ楽しみ!

 

あと、個人的にはConnor Murphy役のMike Faistさんが気になる。

何だろう、歌声なのかな、何かこう、言い表せないけど、いい!(語彙力早くも底をつく)

この方も、助演男優賞にノミネートされていました。

PlattさんといいFaistさんといい、20代前半で、自分とそんな歳変わんないのに……すごいなぁ……!

 

 

それと、忘れちゃいけないのが、いや忘れたくても忘れられないのが、楽曲!

もう、ほんとに最高です!


作品の1つのテーマソング的な存在、「Waving Through a Window」

決して明るい歌詞じゃない(「誰か僕に気付いてくれるだろうか」「僕なんかいなくても変わらないんじゃないか」みたいな感じ)んですが、何でしょうかね、このすさまじいかっこよさは……!

その他の曲も、中毒性がかなり高いです。

しかも、歌詞もがんがん胸にくるっていう、もうどうすりゃいいのこれ状態。←

個人的には、

Anyboday Have a Map?

Sincerely, Me

Requiem

Disappear

もかなり好きです。特にDisappearが好き。いつも5回くらいループする。いや、いい歌詞なんです、ほんとに……!

 

作詞作曲が、自分の大好きなPasek&Paulなんですよね~~~そりゃ好みに決まってるわ~~~つらい~~~~。←

 

 

そんなこんなで、最近のヒットのご紹介でした(笑)

いやぁ、最近Bway界隈ばっか漁ってるなぁ。

でもやっぱいいですね、Bway。

ひとところに劇場が密集してて、毎日毎晩、いろんなミュージカルがあっちゃこっちゃでスパークルしてるなんて、ほんと夢のような場所です。

 

「英語そんな出来るわけじゃないし、かと言って、一緒にBway行こうなんて言える相手なんかいないし……いつになったら行けるんだろ……」

と思ってたけど、もはや英語出来なくても行きたい。

とりあえず、観たい気持ちさえあれば何とかなるんじゃない??←

あ、でも平和ボケ日本人ちゃんなので、すぐ変なのに絡まれそう(笑)

今年も行くぜディズニーハロウィン

 

ぼんじゅ!

7月も8月も観劇予定がなくて、寂しくて悲しくて辛いが故に、毎日毎日毎日毎日ミュージカルのサントラ聴くか関連動画観て過ごしている廃人初原です。

お陰様でロスが更に進行するという悪循環。←

 

 

あまり話題にしていませんが、実はディズニーも大好きなわたくし。

実家が地方なので、入園こそ少ないですが、想いはあるんです!!←

 

で、大学入って関東に来て、ディズニーガチ勢のお友達が増えたことで、2年生の頃から、ディズニーハロウィン(以下Dハロ)に毎年参加しています。

もちろん、仮装して!

もちろん、手作り!(買うとなると諭吉がfly awayするのでムリ)

2年ではラプンツェル、3年ではメリー・ポピンズをやりました。

ま、クオリティなんてそりゃもうお粗末なものですが(笑)一応、人間が着用できる形にはなってる、つもり(笑)

お裁縫も大好きなので、何だかんだ楽しんでます。

 

 

というわけで、今年も行きます!仮装も!

 

おそらく人生最後のDハロになる、のかな?(卒業後も呼ばれれば簡単に行くだろう←)

今回の仮装は……!

 

関連画像

 

ディズニーチャンネル「ディセンダント」のマル

写真右の女の子です。

衣装いろいろあるのですが、特にこの場面の衣装になる予定です。

 

「ディセンダント」は、ディズニーヴィランズたちの娘・息子たちがメインで活躍する、学園モノです。High School Musicalが好きな人なら、好きになると思います、面白いですよー!

 

 

ラプンツェルメリー・ポピンズと来た自分的には、構造上はいちばん簡単になりそうで、ほっとしてます。←

 

だが……しかし………す、スカート丈が短いぃ…………(笑)

今まで、100%ひざ下だったので、戸惑いがすごいです(笑)

衣装作りより、脚やせの方が重要になりそう。←

 

 

どうせ暇なので、制作過程をちらほら見せていくかもしれません。

何かやってんな~~くらいで、覗いていただけたら幸いです(笑)

参考になれるかどうかわかりませんが、手作り衣装のアドバイスも、少しくらいなら出来る、かも?←

(ちょっと遅いけど)2017七夕組替え事件

ぼんじゅ!

あらゆる手段において、アウトプットが深刻なほどへたくそな初原です。

文章ならまだしも、言葉で、となると、本当に言いたいことの3%くらいしか伝えられないというリアル語彙力不足。

 

 

全く触れずにいましたが、ちゃんと受信してましたよ、

七夕組替え事件。(勝手に命名)

 

花組贔屓として、由々しき事態でしたね。

 

芹香斗亜様、宙組へ。

 

いやまさかそこかよ……と。

各組の人数的アンバランスからして、組替えはあると思ってましたが、

まさかキキさんが異動とは……完全ノーマークでした。

キキさんは、立派な花の2番手様。

それが異動って、まあタダゴトではない。

何か、いろいろ考えちゃいますよね。

 

 

宙組でのキキさんはどうなるのか?

 

星組で同志だった真風さんの宙トップ就任が決まったわけですから、

そのサポート的存在として、真風さんの下につくことは明らか。

トップさんって、就任時に、「他の組のあの子が欲しいです」っていう権利があるらしいですしね。

でも、ちょっと待って、そしたら愛月さんはどうなるの??

これまでの朝夏体制下で、立派な3番手として活躍されていたことは知っています。

自分も、てっきりこの次は、真風・愛月でやっていくんだと思ってた……けど。

真風・芹香になるのだろうか?だとすると、愛月さんがあまりにも……。

でも、組替えしたら3番手になっちゃいましたって、シャレになんないっていうか……それって“左遷”というのでは……。

“ぼかし”というジョーカーを使って来る可能性も、なきにしもあらず。

 

 

の2番手は誰?それ以下は?

 

まあ、順当に考えて、柚香さんですよね。

95期の中でも、「どう考えても確実にトップになるだろう」とみんなが口を揃えて言う、柚香さん。

出世具合としては、星の礼さんより一歩遅れていましたが、とうとう並ぶわけで。

在任期間から考えると、紅さんよりみりおさんの方が退団が早かったとしても、不思議ではないですし、そうなったらもうソッコーでトップになっちゃうんでしょうね。

 

個人的には、それよりどうなるのか気になるのが、その下。

花は、明日海・芹香・柚香で、3人並びはきっちりはっきりしていたけれど、それ以下がボヤボヤというか、4位タイって感じな気がしています。

その中にいるのは、瀬戸さん鳳月さん水美さんかと。

ごりごりの贔屓目かもしれませんが、この中で3番手にするなら、水美さんじゃないかな~~って思うんですよね~~~~。

もちろん、前のお2人も素晴らしいスターさんなのですが、最近、どちらかというと別格路線に乗りつつあるように感じています。

学年的な将来性も見越して、水美さんを上げるのが妥当だと……思う、よ、ファンなのでね!!←

ま、でも3番手くらいになると、ぼかしてるケースも多いですし、はっきりとした発表があるわけではないので、本当にわからないんですけどね~~。

 

 

こんな風に、思いもよらない異動がさらっと発表されますから、

宝塚って怖いところですね(笑)

 

「これだけじゃ終わらないはず」「まだもう1回くらいあるんじゃ」

というご意見もちらほら耳にしますので、

自分も気を抜かずに、とんでもねぇ大ショック(水美さんが異動とか水美さんが異動とか水美さんが異動とか)に備えて、AEDを自分で自分に使う方法を勉強しておこうと思います。(不可能)

B'way Anastasia観たい症候群

 

ぼんじゅ!

軽い気持ちでクリーニングに行ったら2000円も取られたよ、初原です。

畳むかハンガーかで、前者だと30円上乗せって、どういうことやねん。

 

 

今日のお題は、現在B'wayで絶賛公演中のAnastasia

「anastasia musical」の画像検索結果

 

何を隠そう、わたくし初原、この原作となったアニメ映画の大ファン。

 

f:id:oui8monsieur7:20170712100603p:plain

 

作品の雰囲気はディズニーに近いのですが、

実際に起きた歴史的ミステリーを下敷きに、

ブコメ要素まで盛り込んで来るという、

どの方面のヲタクにも優しい素晴らしい作品なんです、これ!

 

「ディズニー作品がミュージカル化されてんだから、

これもミュージカルにならないかな~~」

と思っていたところへ、やって来たんですね、ミュージカル化の話が!

もうあの時は!悲鳴出ました!!ええ!!!←

 

今年の3月ごろからプレビューが始まって、4月から本公演が開けています。

「爆発的大絶賛!」とは言えないようですが(笑)、

アニメとは少し異なる脚本も、原作ファンからは高評価を得ているみたいですし、チケットの売れ行きも悪くないそう。

 

 

 

うん、わかった、わかったよ。いいのはわかった。

じゃあ、とりあえず、日本来て。(強欲)

 

と、思っていた矢先、何やら向こうのプロダクションの中に梅田芸術劇場さんのお名前があるとかないとか……?

もしかしてこれ、もしかするんじゃね……??

え、もしかして………日本版……???

 

 

そうと決まれば、こうしちゃいられない。

考えてみよう、日本版キャスト!

そう!頼まれてもいないのに!全ては!ぼくのヲタク心を満たすため!←

 

(本音を言えば、日本版つくる前に、まずは来日公演をしてほしいんですけどね(笑))

 

 

詐欺師の青年・ディミトリ

主人公・アーニャの相手役。

でも最初は喧嘩ばっかりで、全然そりが合わなくて、でも気付いたら……っていう、ヲタク女子泣かせのラブコメ要員です(言い方)。

 

個人的には、海宝くん推したい!

f:id:oui8monsieur7:20170712103850p:plain

というか、海宝くんには、そろそろ四季外で、真ん中か2番手くらいのどでかい役をやってほしいんですよね。

レミゼ出てるとはいえ、マリウスって(自分の中では)そんな目立つキャラでもないし。

経歴を見てみましたが、意外と主役って、やって……ない?

えーだって、シンバやってアラジンやってカジモドやってる人だよ!?もったいなさすぎる!!


この曲を、ぜひ海宝くんで聴きたいんですよね~~!

最後の高音ロングトーンとか、絶対いいに決まってる!!

(このディミトリ役のDerek Klenaさんがまたイッッッッッッケメン)

 

あと、同じく歌ウマさんで陽性気質の小野田さんも良さそう。

 

 

秘密警察・グレブ

今作の敵役。原作映画には登場しない、ミュージカルオリジナルの人物です。

ロシア革命という歴史的事実を、かなりファンタジックにしている映画とは打って変わって、リアリティを増している要因の一つ。

因みに、オリジナルキャストは、日本でもファンが多い、Ramin Karimlooさん。

 

岡さんがぱっと出てくるのは、1789のせいですかね?(笑)

「岡幸二郎」の画像検索結果

なぜか、岡さんに悪役の印象が強い自分。

普段のゆる~っとした面も知ってはいるんですけどね(笑)

でもグレブは、2つも大きなソロがあるし!

その点からすると、ぴったりというか耳福というか(強欲)。

それにみんな、岡さんの軍服姿見たいでしょ!?ぼくも見たい!!←

 

グレブの年齢がはっきりしないのですが、若めでもいいのなら、芳雄さんどうよ!

「井上芳雄」の画像検索結果

でも芳雄さんがこんな出番少ない役はやらないか……(笑)

センターマンですしね(笑)

 

グレブは、ソロの中でも、こちらの1曲が好きです。

 

 

ディミトリの相棒・ヴラジミール(ヴラッド

相棒ということで、つまりは同じ詐欺師なのですが、

ヴラッドは結構人がいいし、“頼れるおじちゃん”的存在。

 

ぼくはキーヨさん推します!

f:id:oui8monsieur7:20170712103237p:plain

ちょっと歳が上すぎるかな~~な気もするのですが、

若すぎるよりはいいんじゃないかなというのが個人的な見解です(笑)

キーヨさんがニコニコしてたら、世界の平和は保たれると思います(真顔)。

世界平和のために、推します(真顔)。

「anastasia musical」の画像検索結果

この、いちばん手前がヴラッド。

こんな可愛い笑顔のキーヨさん、見たいじゃないですか!ね!←

 

 

太后の付き人・リリー

可愛くってお茶目なおばちゃん。

ヴラッドの恋人(だよね?)で、アーニャたちに協力してくれるいい人。

キャラクターはオリジナルですが、似たような人物は映画にも出て来ます。

何で変えたんやろ?(笑)

 

お茶目なおばちゃん、というと、シルビアさんしか出て来ないんですよね(笑)

f:id:oui8monsieur7:20170713185243p:plain

(このTwitterアイコン、大好き(笑))

ほとんど、2幕からが見せ場になるのかな?

でも大きなナンバーもあるので、ぜひシルビアさんで見たいな~~!

 

涼風さんもどうだろう、と思ったけど、ちょっとイメージちがう?かな?

 

 

太后・マリア

行方不明(というよりもっと複雑だけど)の孫娘を探し続ける皇太后様。

彼女が、「アナスタシア(孫娘)を見つけた者には報酬を与える」とお触れを出したことが、すべての発端となります。

B'wayオリジナルキャストのMary Beth Peliさんは、トニー賞助演女優にノミネートされていました。

 

ピンと来たのが、鳳蘭さん

f:id:oui8monsieur7:20170713190200p:plain

実は、まだ舞台で拝見したことがないのですが、

ルックスからしてイメージぴったりだなぁと思うのです……!

「皇太后」なんて、もちろん日本には存在しないし、

世界でも、今ではそうそうお目にかかることないのですが、

なんかこう、「わかる……!」みたいな(語彙力)、見た目の説得力ありません?

 

他がぱっと思い当たらないのですが……でも、やっぱり元ジェンヌさんがいいよね……!

 

 

メインキャストはたぶんこれだけ、かな?あとは、子役ちゃん?

肝心なアーニャについてノータッチなのは、まあ、あの、察してください(笑)

 

んでもでもでも!

前述しましたが、やっぱり先に来日公演やってほしい!

ツアーが発表されて、その中にAsiaとも書かれていたので、きっと来てくれるとは思うのですが……いつになるかなぁ……。

 

もう、来てくれた日にゃ、3,4回は通いますね、確実に。

普段だって、2回行けば多い方なのにね(笑)