るるる と ららら

好きなこと好きなだけ

新ヴォルフガングは誰だ

 

こんにちは。200円のキャベツは躊躇うけど、8000円のA席は即買い、初原です。

 

ここ数日で、急に「モーツァルト!」熱がごごごっとやって来ておりまして。(もう廃盤になっちゃったけど)初演のサントラ聴きまくりな日々を過ごしています。

最後に公演があったのが、3年前の2014年。そろそろ再演が来ないかな~~と、切望している、作品ファンの1人です。

 

 

2014年M!と言えば、初演からヴォルフガング(モーツァルト)役を務めてきた井上芳雄さんの、卒業公演でした。自分は、その年が初めてのM!観劇でしたが、1回きりだったとはいえ、芳雄さんの代名詞ともいえるヴォルフガングを生で観られたことは、かなりラッキーだったと思います。

しかも、この公演でDVDを出してくれたんだから、東宝さんにはグッジョブとしか言いようがない。

 

 

ヴォルフガング役には、今をときめく(?)山崎育三郎さんも、既に2回キャスティングされていました。次に再演があるとしたら、育三郎くんは当然続投になると思います。たぶんね、たぶん。

 

けれど、ヴォルフはとてもじゃないけど1人で回せるほどの役ではありません。W以上の人数はないと、役者さんが死にます(言い方)。

となると、次に再演があれば、新ヴォルフガングが誕生する可能性が高い……!

自分も大好きなキャラクター、ヴォルフガング。新しく入って来るのは誰だろうか……!というわけで、勝手な妄想大爆発で、キャスティング予想してみたいと思います。

え、暇なんですかって?でなきゃ、こんなことしてると思います?(暇です)

 

 

(登場順は、個人的な可能性の高さだったりもします)

 

 

 

候補1 海宝直人さん

f:id:oui8monsieur7:20170408154335j:plain

(最近Twitterのアイコン、これに変わりましたよね)

 

候補、というか、個人的には大本命なんじゃないかと……!

 

天性の「主人公俳優」海宝くん。明るくて爽やかで溌剌とした感じがぴったりだし、何より歌声が正に「天才」的!海宝くんが「僕こそミュージック」なんて言い出したら、「でしょうとも!!!」としか言えない。

こんなに歌うまなのに、リーヴァイ作品未体験っていうのも、もったいないと思うんですよね~~。あの美声をもってして、ぜひ歌いこなしてほしい!

 

ただ、小池演出の作品を見ていると、「陰」に重きを置いて「美」を演出される手法が多いように感じるので、圧倒的な「陽」の気質だだ漏れな海宝くんが、そのイケコワールドに合うかどうかは、ちょっと未知数。

でも、M!はエリザとか1789みたいな鬱~な一面はあんまりないし、わざわざ付ける必要もない、そうでなくても魅力的な作品であるから、海宝くんでも何の問題もないんじゃないかと思うんだけれど。

もしそうなったら、かなり新しいヴォルフガングが出来上がりそう。

 

海宝ヴォルフが、市村パパと山口猊下と対峙したら、「四季対決」だ(笑)

 

 

候補2 平方元基さん

f:id:oui8monsieur7:20170408155606j:plain

 

小池作品にもいくつか出演経験があるし、経験値も実力も申し分なし!

 

ちょっと懸念されるのが、あまり「ど真ん中」っていうタイプではないこと。やっぱり、「脇でいる方が輝く人」っているわけで。爽やかイケメンさんだけれど、どちらかというと薄顔だから、ぱっと目立つ感じでもないし。そういう意味では、ヴォルフ合わないかな~とも思ったりします。

 

いや~~~でも歌唱力は同世代の中でもずば抜けてるし、業界でも、若手(というか30辺り世代)の中ではちょっと一線を画した扱いをされてる実力派だと思うので、ここらで一発でっかい役をぶちかましてほしい!

元基くんの「愛していれば~」とか絶対いいでしょう!甘々でしょう!!

 

 

候補3 柿澤勇人さん

f:id:oui8monsieur7:20170408220548j:plain

 

自分の中で、歌はもちろんだけれど、演技において“天才的”と言うと、思い浮かぶのはやっぱりカッキー。フランケンの熱演も鬼気迫るものがあったので、「天才故の狂気」みたいなのを表現することではトップクラスだと思います。

 

ま、逆に言うと、カッキーはむしろ闇が深すぎる(笑)

自分が芳雄さんのイメージが強すぎるだけなのかもしれないけれど、ヴォルフってそんなに「闇」とか「鬱」とかってわけじゃないと思うんだよなぁ。「陰」は背負ってるけれど、あくまで天真爛漫さはあるし、悶々とするタイプのキャラクターじゃないし。

「いつか あいつに 殺されてしまうだろう」って歌うカッキーヴォルフの壮絶さを想像すると、やっぱちょっとすごそう(笑)

 

 

 

うーん、今ぱっと思い浮かぶのは、このお3方ですかね~~。

 

近年の東宝作品は若手(特に某王子様たち)の進出が目覚ましいですが、ヴォルフやるのはそういうタイプの方ではないかな、と。だって、ヴォルフに「かっこよさ」って要らないし。どちらかというと、凄まじい「人間臭さ」があってほしいなって、個人的には思います。

小池先生は、特に積極的に彼らをキャスティングしてくれているので、もちろん、可能性としてゼロというわけではないのですが。でも、ここで古川くんとか召喚してきたら、いよいよお気に入りだと思う(笑)

 

他にも、「この人も合うと思う」とか、ご意見あれば、ぜひお話しませう。

自分、咄嗟に人の名前とか情報が出て来ないバカボンなので、見落としてる方とかいらっしゃるかも。←

 

 

ま、とにもかくにも、東宝さん、そして小池先生。何でもいいから、再演お願いします。

猊下に会いたいんです。「ま~…じゅ~…つうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう」が聴きたいんです。お願いします(最終的にずれる論点)。