るるる と ららら

好きなこと好きなだけ

黒執事2016観たよ

1か月前にアッシュ入れてグリーン混じりの黒髪になったばかりなのに、もう黒なんて影も形も残ってないよ、初原です。

毎日シャンプーの泡が黒かったことが、何よりの証拠( ;; )

 

 

公演期間には行けなかったのですが、やっとこさ、映像で観られました。

「ミュージカル黒執事 ~NOAH'S ARK CIRCUS~」

「ミュージカル 黒執事 2016」の画像検索結果

 

黒執事」は、そもそも原作が大好き(時代設定とかストーリーとか、何もかもが好み)で、実は初演から映像で追っかけています。

1作目、2作目はオリジナルでしたが、原作の世界観をかなり忠実に守っていますし、3作目と今作は原作でも大好きなエピソードなので、舞台化、しかもミュージカルで、というのはうれしかったです。

 

いろんなところで言われることですが、黒執事ミュージカルは、とにかく再現度が高い

衣装も、原作の絵をそのまんま具現化させているようなものばかりですし、役者さんたちも「何か、この人あんまり……」って人を見たことがないです。

ビジュアルとしても演技としても、みなさん本当に素晴らしい!

 

そんでもって、再演を重ねるごとに、規模が大きくなっていく……!

(言い方がアレですが)どんどん、使われているお金が増えているんだと思います。セットや劇場にも。

だって、初演の愛知公演の時にやってた会場、自分が所属していた児童劇団が公演やっていたところと同じだったんですよ!?今思えばびっくりですよね(笑)

(因みに、その児童劇団ってのは、地元の人でも名前知らない人のが多いようなちーーーーーっさいものですので、自分がすごい人とかそういうのではないです、悲しいけど←)

 

 

そんなこんなで、シリーズ4作目(公演は5回目)となる今回、サーカス編

個人的には、前回のリコリスが、ストーリー展開もキャラクター造形も、音楽も、もう何もかもがクリーンヒットで大好きだったので、↑のビジュアルが公開された時から、新作もめーーーっちゃ楽しみにしていました。

 

いや~~~~とにかく華やか!!

とにかく、目玉はサーカス登場シーンでしょう!!

何あの迫り来る感じ!音楽も相まって、すごいです。

団員みなさん、いろんな芸を披露していましたが、中でもピーター&ウェンディが……本気のアクロバットじゃん……!

と思っていたら、本当にアクロバットを職業にされている方だったんですね。そりゃすごいはずだわ。その上、身長も原作に忠実って、一体どうなってるんだ……。

 

セバス再登板の古川くんも、更に悪魔っぷりに磨きがかかってますね。

初演の松下くんは、真顔でボケかますところや(笑)、「慇懃無礼」を絵に描いたようなところが魅力のセバスでした。

古川くんセバスは、持ち前の気品や優雅さをフル活用していて、本当に貴族とかそっち系の人なんじゃないかと思うほどです。

新シエル内川くん

自分の中で、歴代シエルNo.1は、不動の西井くん(初演千の魂)だったのですが、再現率の高さとしてはかなり僅差のNo.2に食い込んできました。

いや、もう見た目まんまシエルじゃん!あの青いサーカス衣装の似合うこと!

次回作の豪華客船編も、メイン2人は続投ということで。

内川くんは更に成長して帰って来るでしょうし、古川くんはまた、デレデレおじさんに成り下がることでしょう(論点の著しいズレ)。

 

 

が、正直言って全体としては……うーーーーーん、前のがよかった、かな(笑)

今作は、何と言うか、「ここはもっと時間かけてほしい!」ってところが、尽くアッサリ過ぎて行ってしまった印象でした。

 

黒執事のエピソードはどれもこれも重みがすごい(爆)ですが、このサーカス編は特にそうだと感じています。

前回の切り裂きジャック編は、犯人はマダム・レッド、とは言え、死神のグレルが加担していることで、少しファンタジックに消化されていました。

けど、こっちにはそういう要素は一切ない。

一連の事件を実行していたのも、裏で糸を引いていたのも、更にその裏で全てを仕向けていたのも、全て人間である、というメガトン級の重りをぶち当てて来るので(言い方)、原作を読み終えた時の後味ったらなかったです。

それが、舞台観終えた後にはありませんでした。ちょっと残念。

 

その割に、いらないところもちらほら。

個人的にずっと思ってるのが、演出(及び脚本)は、アバハンに何を求めているんだ……ってか多くを求め過ぎだ……。

あのお2人は毎公演本当に健闘されていて、よくメンタルやられないな(爆)と、もはや尊敬の域なのですが、果たして、この要素いります……?

ああいう、流れを止めてぶった切る上に、世界すら壊しかねない笑いの要素って苦手なんですよねぇ……。

次回作は演出の方が変わるとのことで。そこんところも変わるかな?

 

それから、いろんな方の感想にもありましたが、音楽が耳に残らない。

ちょっと凝りすぎなんでしょうか……。

1回観た時点で、最初のセバスの曲を何となーく覚えてる程度です。

再演リコリスの曲があんまりにも好きで、しょっちゅう聴いてるのですが、今回の曲はそこまでリピートしようとは思わなかったなぁ。

特に、はじめの方の使用人ズの曲。

テンポが速い上に言葉がぎっしり詰め込まれていたので、ウスノロ初原は着いて行くのが大変でした(個人の問題かよ、なんて言わないでぇ←)。

あとね、今作に限らず、ずっと思ってたんだけどね、1幕終わりの大合唱でいっつも音外してる女性いるよね?誰?メイリン?すごく気になるんだけど……。

 

 

という感じで、ちょっぴり肩透かしくらったサーカス編でした。

 

次回作となる今年(と言ってもスタートはまさかの12月31日、鬼か←)は、豪華客船編

最近、アニメの方も映画化されてましたよね?あえてぶつけたのかな?

実は、(以前人に貸してもらって)お話は知っているのに、単行本はまだ揃っていない初原。

豪華客船編も読んだ記憶はあるのですが、いろいろとうろ覚えです。

早く読みたい……でも古本屋になかなかない……!まぁ、古本から卒業しろって話なんですけど(笑)

原作では、“あの人”がまさかまさかのご登場で、大立ち回りなんかも見せていますが、舞台でも遂にメインで動くことになるんですかね……となると、初演から見てるファンは血が騒ぐというか、「遂に……!」感がすごいですね……!

リジーもいよいよ登場するのかな?女性出演者も増えて来ましたね~~最初はメイリンだけだったのに(笑)

 

どうしようかな、今度……行けるかな……。

時期が時期なだけに何とも言えない……。

こう見えて、一応大学4年生なのでね(笑)実は卒論とか抱えてるんでね(笑)

ま、何もしてませんけどね☆☆☆←