るるる と ららら

好きなこと好きなだけ

主演:水美舞斗

ぼんじゅ!

重度の末端冷え性が故に、冬のあだ名は「エルサ」。

初原です。

 

 

「レディ・ベス」の観劇記録も書いてる途中なのですが、

すんばらしいニュースが飛び込んできたので!

これは!叫ばずにはいられない!!

 

 

kageki.hankyu.co.jp

 

宝塚バウホール公演『Senhor CRUZEIRO!』

主演:水美舞斗

 

きたあああああああああああああああああああああああああああ

舞斗さあああああああああああああああああああああああああん

 

ほんとにほんとにほんとにおめでとうございます( ;; )♡

 

実力も人気も華もある舞斗さん。

同じ組に強力な同期(柚香さん)がいることが最大の障壁(柚香さんが悪いってわけじゃなくてね)だったので、

「これから上がっていくのだろうか、いやもしかしたらこのまま路線落ち?いやまさかそんな……」

と、ファンの誰もが気を揉んでいたと思うのですが、

遂に来ましたね!待ちわびたこの時が!!

 

公演概要は、こんな感じ。

 

 “CRUZEIRO(クルゼイロ)”とは、ポルトガル語南十字星を指す言葉。一幕では南半球を照らす星の名を持つクルゼイロを主人公に、ダンスと歌を愛した、刹那的な男の生き様を綴るストーリー仕立てのショーを、二幕では南十字星の輝く熱帯夜をテーマにした熱いラテングルーヴをお届け致します。多彩な音楽で構成された、熱狂的なショーの世界をお楽しみ下さい。 

 (上記公式ページより)

 

南十字星……みなみじゅうじせい……“水美”十字星!!

なるほど~~いつも思うんですけれど、宝塚はこういうネーミングセンスがすごいですね!ボキャブラリーが果てしない(笑)

でもいいですね~~星の如く輝く舞斗さん、ってことでしょ?最高じゃないですか!!!

 

あらすじを見た感じだと、お芝居というよりかは、ショー寄りの公演になりそうですね。

うわ~~~劇団さんわかってるよな~~~。

そうなんだよ、踊ってる舞斗さんがほんっっっっっっとに最高なんだよ!

自分は元々お芝居目当てというか、物語を求めてミュージカル観る人だったので、正直はじめは、宝塚のショーって食わず嫌いしていたのですが、その考え方を変えてくれたのが舞斗さんでした。

もうね、全世界の人に見てほしい。あの、「踊るのたーのしいいいいいいいいいいいいいいいいい」って感じで踊る舞斗さんを!

自分はそんなに踊れる人じゃないですが、それでも、見ているだけで、踊ることの楽しさを実感させてもらえます。すごく踊りたくなります(笑)

そんな舞斗さんが、ひたすらに踊りまくるだなんて……供給過多でファン倒れるんじゃないか……?(笑)

舞斗さんや他の出演生徒さんたちのお身体の心配はありますが、でもファン心としては、めっちゃくちゃ楽しみ!めちゃくちゃ踊ってほしい!

 

宝塚において、「主演をする」ってすごーーーーーーーく意味のあることなんですよ。

それ即ち、「トップになれるかどうか」に直結しますからね。

もちろん、例外もあるでしょうし、逆に、別箱単独主演をしたから必ずトップになれる、とも限らないんですけれど。

でもやっぱり、ご贔屓さんにはトップになってほしいし、そのためには単独主演をさせてあげてほしい……!

単純に、センターに立つお姿を見たいのもありますしね。

 

うわ~~うわ~~すごいなぁ、ほんとに。

何度も言うけど、おめでとうございます、舞斗さん!!!

 

こりゃもう、初めての遠征確定ですわ。