るるる と ららら

好きなこと好きなだけ

【観劇感想】レディ・ベス(つづき)

ぼんじゅ!初原です。

少し滞ってしまいましたが、生きてます!!←

 

それでは、予告通り、「レディ・ベス」感想の続きを書き記したいと思います!

アンサンブルさん方や、脚本・演出関係のお話になるかと。

メインキャストさん方の感想は、前記事にぶちまけて(言い方)あります。

 

 

※再演なので、ネタバレ気にせず書きます。細かい脚本・演出の変更点などは、出来る限りぼかします。

※初原は馬鹿ですが、いいことばっか書くわけではありません。閲覧は自己責任でお願いします。

※例の如く、長いです。

 

 

アンサンブル

あのね~~ごりごりの贔屓目だと思うんだけどね~~ぼくね~~~

東宝作品のアンサンブルさんたち大好きなんです!!!

ほんっっっっっとにかっこいいです。

アンサンブルという役って、「メインキャストもらえない人たちがやってる」と思ってる人も少なくないと思うんですけれど、そういう人にこそ言いたい。

いやほんとにそんなことないから!ちゃんと観てる!?観た!?あのアンサンブルさんたちの圧というか凄まじさというか何と言うか!(言えてない)

個人的には、特に東宝作品のアンサンブルさんたちって、「メインが出来ない人」なのではなく、「アンサンブルのプロ」な感じがしてて、本当に憧れます。かっこいいです。

 

アンサンブルナンバーでいちばん好きなのは、「♪スペインの王はいらない」ですね!かっこいいし尚且つ楽しい!

あと、「♪神よ祝福を与えん」の「神よーあーたーえん」のところのハーモニーがすっっっごい素敵……!

あ!あと!「♪旅の終わりに」かっこよくないですか!?

「見ろ!泣いてーいーる~~」がすごい怖い。圧がある。あそこのベスの孤立を際立たせているのが、この歌詞の部分だと思います。

 

キャラクターで言うと、何気に好きなのはピエロ(黒沼亮さん、田中秀哉さん)。いつもどんな時でもきゃっきゃしてるのが、どうにも目が離せないです(笑)結構しゃべるし(笑)

ベディングフィールド卿の大谷美智浩さんは、エリザでパパやってらしたので、花ベスと対峙してると既視感&違和感って感じでした(笑)

ロビンズの3人も、今回でだいぶ役割が増えたというか、自分の中での印象が強くなりました。

最近台頭しつつある、バギーの石川新太くん。めっっっっちゃくちゃ歌上手いですね……!そう言えば、音大に合格されたんですっけ!?これからがとっても楽しみです!

ただ、これは初演から思っていたことなんですけれど、それぞれの個性がイマイチ出し切れずに終わっちゃうのが、もったいないなぁと。あと、やっぱりロビンとの間にビミョーーーーーーな距離を感じる……うーん。

 

それから、お衣装!

結婚式シーンの黒と赤のドレス、最高じゃないですか!?何が最高って、色づかいももちろんなんですけれど、スカート部分の前面に絵が描いてあるんですよ!それも、結構はっきりと人の顔とか。描き方の感じからして、ルネッサンスです、よね?

2回目に観た時に初めて気づいたんですけれど、もう……ハイセンスすぎて脱帽です……!!!

あと、パリー(武内耕さん)のお衣装、おしゃれじゃないですか?実は地味に好きなんですよね~~。あのお衣装のシークレットチャームほしい(笑)

 

 

脚本・演出のこと

※この辺から毒吐きます。お気を付けて。

 

この作品の率直な感想を一言で言ってしまうと、

「クンツェさん、どうした???????」と思うくらい、軽い。

エリザベートモーツァルト!」で、あんなに人間の心の深いところをずどんと突きつけるような、重厚で深みのある世界を生み出していたのに、これは……全然ちがう。

 

おそらく、“エリザベス1世”というネタが、そもそもあまり良くなかったのではないでしょうか。もしくは、前述2作の人物に比べると、クンツェさんには合わなかった、のかな。

エリザベートヴォルフガングって、受け取る人によっていろんな感情がもてるキャラクターなんですよね。「うわぁ、かわいそう……」って思う人もいれば、「何この人、めちゃワガママなだけじゃん」と思う人もいたり。どちらにも取れるからこそ、観ていてすごく考えさせられるし、深いところまで見ることが出来る。

けれど、(少なくともこの作品の中での)ベスはどう見ても「生まれのせいで姉に虐げられ、苦しい目に遭わされ続けて来たかわいそうなヒロイン」にしか映らないんです。一元的な見方しか生み出さないキャラクターって、なかなか愛しにくいと言うか、上辺だけの「かわいそうだねぇ」で終わっちゃうんですよね、個人的には。

 

しかも、何が最悪って、ベスって自分では何もしないんですよ。

例えば、エリザベートは美しさを保つのに過度のダイエットをしたり、孤独を埋めようと各地を放浪したりする。ヴォルフガングは、父の反対を押し切って外国へ行って、曲を書いて書いて書きまくって成功する。その結果がどうであれ、2人はこうして、“自ら行動して道を切り開いていく”人なんです。

けれど、この作品でベスは、外的な力に動かされてばっかりで、よくよく考えると、自分では何一つ成し得ていないんですね。男装してパブに忍び込むのだって、やりたかったわけじゃない。1回行って視野が広がったかに思えるけれど、たった1回きりで、もう二度と行くことはない。死なずに済んだのは、たまたまフェリペが助けてくれたから。女王即位も、たまたまお姉様が世継ぎを遺さず亡くなったから。

だからこそ、最後に王座に就く時の責任感や覚悟というものが、まるで感じられないし、(実際そうなんですけれど)王座が、本当にたまたま降って来ただけに思えるんです。

 

3年前の初演の際に言われていた、

「結局これは、ベスの恋を描きたいの?成長を描きたいの?」

というところは、前よりかは後者の印象が強くなったかなぁと思います。

「ベスとロビンの惹かれ合う理由(タイミング)がわからない」

というご意見も見かけましたが、自分はそんなに気にならなかったなぁ。少女漫画だと思って観てたからかな(笑)

 

新曲追加も、前々から宣伝されていましたが、特に観客側に印象的だったのは「♪傷ついた翼」「♪闇を恐れずに」ですかね。

「♪傷ついた翼」、自分は結構好きです!メロディも素敵だし、「黄金のかご」ってなかなか好きな表現。そうだよね、黄金なんだけど……かごなんだよね(何言ってんだ)。

うーん、でもちょっとわかんないのが、この曲前の台詞でもあるんですけれど、ベスって……え、翼傷ついてるの?え、それってどういう意味なんでしょう……?自分が馬鹿なだけなのか、そこんところの意味が全然わかんなくて……。「私の翼は傷ついている」……?だからロビンとは行けないの……????ん??????誰か助けて下さい(笑)

でも曲自体はものすごく好きなんですけれどね!特に、花總さんの声質にぴったり合う曲だと思いました♪

で、一方の「♪闇を恐れず」は、綾ちゃんの歌声に合う!

だが!しかし!この曲!………蛇足ではないか?(小声)

自分は、初演の時のこの部分、数分間の無音状態で繰り広げられるのがすごく好きだったし、それがとても感動的だったので、曲入ってジャーンとやられると、ちょっと感動薄れちゃった……。

 

ところで、この作品、初演の時から思っているのですが、果たして海外でウケるのでしょうか?

世界初演」と銘打っていたということは、もちろん海外での公演も視野に入れているのだとは思いますが……まだどこでもやってない、よね?

うーん、個人的には、この小池版かもしくはそれに近いほどの美的センスばりばりの演出がないと、なかなか厳しいかなと。

特に気になるのは、本国イギリスの反応ですよね。

ベスやロビンのキャラクターは全然問題ないと思うんですけれど……やっぱり引っかかるよ、アン・ブーリン。自分も詳しいわけではないのですが、とりあえず、ロクな女じゃないことは確かかと(笑)それって、本国ではどのくらい認識されて、どんな印象で受け取られているんですかね?

 

あとすっごい細かいことかもしれないけれど、「イギリス」「英国」「イングランド」の混同はマズイってば、小池センセ。

 

 

はい、そんな感じで。ちょっと後半、文句ばっかみたいになっちゃいましたが(笑)、こんなところくらいしか吐き出すところがない子なので、お許しください。←

 

でもでもでも!

キャストのみなさんは本当に素晴らしいです!!

それだけでも、十分チケット代賄えるくらい、堪能させていただきました!

実は、2017年の帝劇作品、ベスが最初で最後だったんです、自分。

そのことは特に意識していなかったのですが、やっぱり、帝劇はいいですね。独特の空気がありますね。

大きけりゃいいとか豪華だからいいってワケじゃないことは、もちろんわかっているのですが、1年に1度は、帝劇でこういう、ドーーーーーーーンなもの(言い方が雑)摂取したいですね~~!

 

再再演は……うーん……ない、気がする……(笑)

逆に、演出が小池先生じゃなくなったらどうなるのかっていう場合を想定すると、なかなか面白いですね。それはそれで観たいです。

 

 

さーて、次は12月にドッグファイト行きます!

めっっっっっっっちゃくちゃ大好きな作品!日本版は観るの初めてです。

それで2017年観劇おさめになっちゃうのは寂しいですが、とにかく楽しみじゃー!